禁煙外来

禁煙外来のご案内

喫煙は、慢性閉塞性肺疾患、肺がん等の呼吸器病のみならず、動脈硬化を基盤とするさまざまな病気の危険因子です。

喫煙は、ニコチン依存症(あるいはニコチン中毒)という一種の薬物依存症です。すなわち、病気です。従来は精神論的方法で禁煙をめざしたため失敗率が高く、挫折感や罪悪感が残り、禁煙はつらいものでした。現在は、禁煙補助薬(貼付薬あるいは内服薬)を使うことにより、無理なく楽しくたばこをやめることが出来ます。

チャンピックス
チャンピックスは禁煙のための飲み薬で「ニコチン切れ症状を軽くする」「禁煙中に一服してしまったときのおいしいといった満足感を感じにくくする」という2つの効果があります。本サイトはファイザー株式会社が運営しています。

ニコチンパッチ
・ニコチンを含む貼り薬
・禁煙の成功率が約2倍に高まります
・食欲抑制効果により体重増加の軽減が期待できる
・スタート時から禁煙開始
・貼付しながら喫煙するとニコチン過量となり、不整脈などの副作用が起こる可能性があり、循環器疾患の患者には使用しにくい
・汗をかく、スポーツをする人、かぶれやすい人、などには使いにくい

バレニクリン
・ニコチンを含まない飲み薬
・禁煙の成功率が約3倍に高まります
・離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制する。
・最初の1週間は喫煙してもよい
・ニコチンを含まないので、循環器疾患患者に使いやすい