消化器内科

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

食道・胃・十二指腸の内腔を観察します。

口から管状の内視鏡をそう入し、食道・胃・十二指腸の病変を直接観察する検査です。食道がん、胃炎、胃がん、十二指腸潰瘍などの発見に役立ちます。

経口内視鏡検査では、口→咽頭→喉頭→食道→胃→十二指腸までを観察することができます。もし、疾患らしきものが見つかった場合、ただカメラの映像で観察するだけでなく、内視鏡の先端から組織を採取することができます。早期のがんや、ポリープであれば内視鏡のなかに仕込まれた装置で切除、治療できる場合もあります。